精子を増やす以外に妊娠する方法。女性をイカせるといいらしい。

精子を増やす以外に妊娠するには妊娠は女性側、男性側の働きかけがあるからこそできるもの。

妊娠の可能性を少しでもあげるために、男性が精子の質を改善し、良質な精子を作る努力を続けているなら、今度は女性から働きかける番。

「SEXを楽しむ。」たったそれだけのことで妊娠の可能性があがるなら、試してみる価値ありです。

子宮にダイレクト。女性のオーガズムが精子を助ける。

「ペニスが短いから自分は女性をイカせられない。」
そう思ってる男性は、意外と少なくないはずです。
しかし、女性のオーガズムで重要なのは長さではありません。テクニックが重要なのです。

女性のオーガズムと男性のオーガズム

女性と男性のオーガズムは、性器の形が違うので、異なるように感じますが、基本的には一緒です。
女性が性的に興奮をすると、小陰唇、大陰唇が膨らみ、クリトリスは男性のペニス同様勃起をして、男性器を受け入れやすい形に、性器の入り口が変化します。
女性がオーガズムに達するのに最も重要な性感帯は、
主にクリトリスであり、女性は膣で性的興奮を得ているわけではありません。
最低でも、膣の入り口1/3付近にペニスが届き、クリトリスを中心に刺激ができれば、充分女性もオーガズムに達することができます。

また、クリトリス以外でも、尿道入り口のGスポット、あるいは子宮口(ポルチオ)で感じる女性もなかにはいますが、クリトリスを刺激しておけば、まず間違いなくオーガズムに達することができます。

女性のオーガズム、妊娠への影響力は?

男性のオーガズムが、送り出すことにあれば、女性のオーガズムは迎えることにあります。
女性がオーガズムに達するとき、女性の体内では、膣の入り口から子宮まで、膣を取り囲む筋肉がリズミカルに収縮し、精子を奥へと送り出すような動きをします。

また女性は、オーガズムに達する際に膣内の形状を変化させ、精液をより長く体内に留めれるようにするのです。その際、女性は子宮頚管粘液の分泌を増やし、精子がより生きやすい環境をつくります。

このことより、女性のオーガズムは男性が精子を増やす以外に、妊娠をしやすくする手段としてとても有効です。

女性をイカせるテクニック

では、女性のオーガズムを迎えさせようとなると、実際にはなかなかオーガズムを達せさせられることができません。
それは男性のオーガズムが、妊娠に必要な精子を送り出すことに対し、女性のオーガズムは妊娠する可能性をあげるため
だけの行為に過ぎないからです。

しかし、女性もオーガズムに達することは間違いありません。
ここでは、女性がオーガズムに達するためのテクニックを書いていきます。

その①:前戯を丁寧に
男性も女性も、オーガズムに達するには性的な興奮を高めることが大切です。性的な興奮の高まりがなければ、性行為を快感に感じることもできません。
場合によっては道具に頼ることも良いでしょう。
意外と、大人の玩具に興味関心があるものの、パートナーにひかれるのでは?という気持ちから使ってみたい欲求を抑えてることもあります。
パートナーに関心があるか聞いて、希望があれば使ってみても良いと思います。

その②:耳元で囁く
たったそれだけ?と思うかもしれませんが、これが絶大な効果を発揮します。
女性は前戯ばかりだと、不思議とある一定のラインから、性的興奮が下がる傾向があります。
その下がる直前のタイミングで、耳元で囁かれ始めると、下がりかけた興奮がまた盛り返し、前戯のみのときよりも強い興奮を覚えるのです。

しかし何を囁いたら良いかわからないのも、また男性の悩みの一つ。何を囁いたら良いのかわからない人は、とりあえず「今日はとってもエッチだね。」と囁きましょう。

その③:焦らない
速い=感じる。ではありません。特に挿入直後は、女性の体内が男性器を受け入れるために、体が馴染もうとしている段階なので、速く動くことよりも、ゆっくりと馴染ませる必要があります。
挿入後、しばらくはゆっくりとした動きで、女性が感じ始めたタイミングを見計らい、徐々にスピードをあげると、女性はオーガズムに近づくことができます。

「不妊治療をあきらめて、SEXを楽しんだら子供がすんなりできちゃった。」という出来事は、実は、生物学的な根拠があってのことなのかもしれません。
子供を希望し、基礎体温などにのっとった義務的なSEXをしているカップルは、一度それをお休みし、楽しむためのSEXをしても良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です